タケハラ薬局は、安心・納得・元気を与える薬局。介護用品も充実。

北九州戸畑区南鳥旗町3−6 TEL:093(871)8525

薬の飲み方(服用方法)

〓 薬の飲み方(服用方法) 〓


 年末になると利用される機会の多いのが、胃薬です。
この胃薬を例にとり飲み方をみてみましょう。
市販の胃薬は、消化酵素剤を中心としたもの(胃のもたれ、食べ過ぎ、消化不良などで使用)と、胃酸の中和や胃の粘膜を保護するタイプのもの(胃痛、げっぷ、胃酸過多、むかつきなどで使用)とに分類されます。

消化酵素剤を中心とした胃薬の場合
脂肪の分解酵素であるリパーゼや炭水化物や蛋白質を分解する酵素などが含まれ、消化を助ける作用があります。
従って食事を食べた後(食後)に服用するのが効果的で胃のもたれや腹部膨満感、消化不良の改善となります。

胃酸の中和や胃の粘膜保護をする胃薬の場合
荒れた胃をいたわってあげる成分であるスクラルファートや銅クロロフィリンカリウム、アズレン、アルジオキサなどが含まれています。
荒れた胃や刺激を受けやすい胃をいたわるには、胃の中が空っぽの方が良いわけで空腹時(食前または食間)に服用するのがベストです。
あれた胃を保護してくれる胃薬で食後に服用する胃薬は弱った胃や消化能力の低下した胃を助けてくれる胃薬だと考えられると宜しいでしょう。
ただ近年は、「総合」という名のつく便利な使いやすい薬が多くなりました。
総合かぜ薬、総合胃腸薬など...。
総合胃腸薬の場合には、消化酵素剤に限らず、胃粘膜保護剤あるいは利胆作用(胆汁の分泌をうながす)のある成分も含まれた薬となり、まさしくなんでも効きます(?)という具合になっています。
さて、くすりの服用方法についてです。
食前、食後、食間、就寝前に服用するという服用方法は多くの方はご存じだろうと思います。
しかしながら今でも時々、「食間服用」を食事を食べながら(食事中)に服用すると思われる方もなかにはいらっしゃるようです。
食事を中断して、おくすりを1つ又1つと...。
医療用の薬では、従来抗生物質など8時間毎、6時間毎に服用というものが主流を占めていましたが、近年持続性の薬が開発されたおかげで、1日3回や1日2回の服用が多くなりました。
「頓服薬」の場合は、症状が出た時の場合のみ服用する薬のことです。
高熱 (38.5℃以上)がある時、痛みが激しい時、吐き気が激しい時などに利用されます。
一度服用し、とりあえず症状がおさまり同じような症状が出た時には、4〜5時間程度の間隔をあけて服用される薬です。
内服に限らず、坐剤でも同じ使い方です。
本来、便秘薬や睡眠薬(睡眠導入剤とも呼ばれる)でも頓服的な扱いで用いられるのが宜しいでしょう。
通じがあれば便秘薬を服用しないし、眠れる場合には睡眠導入剤を服用しないというやり方です。
でも、こういった薬を服用される方は、慢性化 している方が多いようで、医療機関でいただく薬で就寝時に服用するという指示が多いようです。
薬は決められた服用方法を守らないと効果が期待できないばかりか、1度に2回分服用(1回分飲み忘れたから)すると、薬の血液中の濃度が高くなりますので、思いがけない作用をおよぼすことがあります。
血液中に薬が一定の濃度に保たれるように正しい服用方法を心がけましょう。
よくお母さん方から問い合わせのある医療用の坐薬の件で一言。
「解熱用の坐薬と、吐き気止めの坐薬を同時に使用してよいかどうか」聞かれることがあります。
もちろん症状が落ち着けば無理に使用されなくても宜しいです。
一方の症状がまだ残っていれば、該当する坐薬を一定の時間をおいて使用されてかまいません。



さくいん

タケハラ薬局へのご質問・お問合せ