タケハラ薬局は、安心・納得・元気を与える薬局。介護用品も充実。

北九州戸畑区南鳥旗町3−6 TEL:093(871)8525

開局25周年を迎えて

〓 開局25周年を迎えて 〓


 日頃より当薬局をご利用頂き誠に有難うございます。当薬局は開局して25年を迎えることになりました。平成2年7月9日にここ南鳥旗町にて薬局を開いて早25年となります。当初は野田医院すぐ近くの佐々本ガス風呂店の一角の店舗を借り6坪の薬局(保険薬局開設基準ぎりぎり)から営業が始まりました。野田医院の処方せん受付が全ての始まりでした。
 医療機関から発行される処方せんを受け付ける薬局からスタートしましたが、来店されるお客様の要望で市販の薬も取り扱うようになりました。最初はユンケル皇帝液のドリンク、医薬品の歯磨きのアセスや食物繊維入りの便秘薬のサトラックスを取扱い始め少しずつ商品も増えていきました。
 平成3年に近所の永嶋皮膚科肛門科から処方せんが発行されることになり、ようやく平均的な保険調剤薬局となりました。その1年後に永嶋皮膚科肛門科が院長高齢の為に閉院しました。翌平成5年から明治町にあった共立病院が1月4日より院外処方となりました。ちょうどこの頃は、基幹病院(市立病院や国立病院等)が院外処方に踏み出す前の時期でした。どのような処方が出されるか想像もできない時期で、事前に相談のあった患者さんの薬を準備してスタートしたものでした。毎日新たに取り扱う薬が増え、旧薬局の医薬品の棚は薬の山で一杯となり、整理できない程になりました。
 その後、旧薬局を100メートルほど離れた現在の場所に移転し、新たに地域に少しでも役立つ薬局を目指してオープンしました。すでにここで21年、旧場所での4年と合わせて合計25年となります。  共立病院院外処方せん発行からその後、少し離れた明治町の波多野医院より院外処方せんの発行が高齢者を対象に行われました。施設入居者の処方せん受付や基幹病院の処方せん受付、新たに開院された白石耳鼻咽喉科の6か月間の処方せん受付などなど、もちろん市販薬の取り扱いや介護用品の取り扱いも含めて多面的に薬局業務を行ってきました。
 来局された全ての患者さんやお客様を満足させることは中々難しいものがあります。出来るだけ安心して薬局を利用していただき満足していただけるよう従業員一同心掛けてはいますが、必ずしもそうでない場合もあります。この間、ご迷惑をお掛けした 時もあったと思います。
 出来るだけ気軽に薬局に入って気軽に相談していただける薬局をと考えています  薬局を始めた頃、「健康の友」という薬局ニュースを10年間発行していました。この25周年を記念して改めて続「健康の友」を継続して提供させていただく予定です。
 今後とも宜しくお願い致します。                                                

タケハラ薬局へのご質問・お問合せ