タケハラ薬局は、安心・納得・元気を与える薬局。介護用品も充実。

北九州戸畑区南鳥旗町3−6 TEL:093(871)8525

くすり屋で買えるかぜ薬

〓 くすり屋で買えるかぜ薬 〓



 冬の季節になると寒さや空気の乾燥の影響で、かぜを引いたり流行性感冒にかか ったりしやすくなります。
寒気がして背中がゾゴゾコ、発熱で頭がボォー、激しい咳でゴホンゴホン、鼻水クション、悪寒がして震えがきた時など何とも言えない背中が薄ら寒くなる気持ちになったりします。
さてこんな時に利用されるのが、市販の薬です。
医療機関で以前いただいていた薬があるので、とりあえずその薬を飲んでおこうといった方もいますでしょう。
そういった方は別として、ちょっとしたかぜ症状の時には総合かぜ薬のパブロンS、ベンザブロック、ストナプラス、葛根湯などの大衆薬が利用されます。
咳止めであればブロン液、鼻水・くしゃみであればストナリニなどです。
テレビで宣伝されているのでご存じだと思います。
軽い症状の時は市販の薬に頼られても構いませんが、症状がひどい場合には是非とも医療機関で受診されて下さい。
かぜは万病の元と言われるように、体力の弱った方では肺炎を引き起こし死に至ることがあります。
市販薬だけに頼るのは危険です。
市販の「かぜ薬」はかぜ症状を治す薬ではありません。
勘違いされている方が以外に多いようです。
この薬を飲んだらかぜが治るから、ドリンクのかぜ薬をくれと言われる方がいます。
かぜの原因はウィルスや細菌です。
細菌であれば細菌を殺してくれる抗生物質や抗菌剤が必要とされます。
ウィルス性のインフルエンザであればウイルスをたたいてくれる薬が必要となります。
熱があるから熱をさげる。
頭痛があるから頭痛を取り去る。
咳や鼻水があるから咳・鼻水を抑える。
こういった薬は症状だけを抑えるので対症療法的な薬と言われています。
本来「かぜ症状」はこじらせない限り自然治癒力によって時間が経過すれば治るものです。
かぜ薬と言われるものは、熱や咳、鼻水、喉の痛みなどの症状を和らげてかぜの治りを早くするものです。
自然治癒力を高めるには無理に熱を下げない方がよい場合がありますが、高熱が続くと体力が消耗してしまいますので、熱を下げて楽にすることで回復を早めます。
これが解熱剤の役割です。

総合かぜ薬に入っている一般的な成分をご紹介しておきます。
解熱鎮痛剤 アセトアミノフェン、エテンザミド、イブプロフェン、地竜、牛黄、
イソプロピルアンチピリン(ピリン系)
鼻水止め マレイン酸クロルフェニラミン、塩酸フェニルプロパノールアミン
咳止め リン酸ジヒドロコデイン、臭化水素酸デキストロメトルファン、
メチルエフェドリン、セネガ、オウヒ、キキョウ
炎症止め 塩化リゾチーム、ブロメライン、甘草、キキョウ
頭痛眠気防止 無水カフェイン

商品によっては多少成分が異なる場合がありますが、生薬が配合されたものや、漢方薬 麻黄湯が配合されたものもあります。
店頭でご相談の上お求め下さい。
テレビで宣伝されない商品でも手頃な価格で、しかもとてもよい薬が数多くあります。
テレビ宣伝に惑わされないほうが宜しいでしょう。
やはり「かぜ」かなと思った時は、早めに〇〇〇〇ではありません。
暖かい食べ物で体を暖め、しょうが湯でも飲みながら早めにお休み下さい。
かぜ薬を飲んで、寒い外をうろつくなどはもっての外です。



さくいん

タケハラ薬局へのご質問・お問合せ