タケハラ薬局は、安心・納得・元気を与える薬局。介護用品も充実。

北九州戸畑区南鳥旗町3−6 TEL:093(871)8525

ビタミンについて

〓 ビタミンについて 〓


 ビタミンは正常な発育と栄養を保つために不可欠なもので、炭水化物や蛋白質などと異なりエネルギー源になるのではなく、微量で新陳代謝を活発にする栄養素です。
ホルモンと異なり原則として体内で合成されず、合成されても不充分なため体外から食品成分として摂取する必要があります。
ビタミンには水に溶け易いか油に溶け易いかによって水溶性のビタミンと脂溶性ビタミンに分類できます。
水溶性ビタミン ビタミンB コリン ビタミンB 葉酸
ナイアシン ビタミンB12 ビタミンB イノシトール
パントテン酸 ビタミンC ビオチン
脂溶性ビタミン ビタミンA ビタミンE ビタミンD ビタミンK


成人病の関係で話題にのぼるビタミンCとEに就いて・・・・

ビタミンC

  ビタミンCは「アスコルビン酸」とも呼ばれる水溶性のビタミンです。
水に溶けるため、摂りすぎても尿のなかに排泄されますので、過剰症の心配はありません。
ビタミンCの欠乏症として代表的なものが「壊血病」です。
貧血や出血性歯肉炎などを特徴とし、皮膚粘膜をはじめ骨膜下まで出血を認める病気ですが、食料事情が良くなった現在稀になりました。
ビタミンCは、新鮮な野菜、果物、緑茶などに多く含まれ、成人男子、一日所要量は50mgとされています。
しかし、アルコールの多飲や喫煙でビタミンCは多く消費される傾向にあるため、補給の必要があります。


ビタミンCの生理作用

@メラニン色素生成の防禦作用
紫外線照射による皮膚の黒色化やしみなど皮膚の色素沈着を防ぐ効果
A出血を抑制する作用
鼻出血などの毛細血管の改善
B創傷の治療
骨の形成や修復など治癒を促進
以上が主な作用です。
但しビタミンCは酸性なので、胃の粘膜が荒れやすい方にはあまりお薦めできません。


ビタミンE

 ビタミンEの化学名はトコフェロールと呼ばれています。
ギリシア語のトコス(子供を産む)+フェロ (力を与える)からきています。
これはビタミンE発見の過程でこのビタミンが不足すると、ねずみが流産したり、不妊になる因子として見つかったためです。
天然にはビタミンEの効果を持つ物質として、トコフェロールとトコトリエノールがそれぞれαアルファ、βベータ、γガンマ、δデルタの4種づつあり、全部で8種あります。
もっとも生理的に効き目の優れたのは、αトコフェロールです。
天然のものを1とすると合成のビタミンEは0.7位の効果です。
ビタミンEは脂溶性のビタミンで水に溶け難く、油に溶けやすい物質です。
粘り気のある淡黄色の油で植物が合成します。
光線に弱く、ビタミンCと同様に抗酸化作用があり、空気中にさらしておくと酸化され易い性質を持っています。
ビタミンEの働きで第一にあげなくてはならないのが、抗酸化作用です。
特に血管の中のサビ(過酸化脂質)を抗酸化作用でサビ止めをしてくれる働きがあります。
血管の中のサビはご存知のように動脈硬化などの成人病の原因になります。 またビタミンEは末梢血管を広げる働きがあります。
血流を良くし栄養を体の隅々まで行き届かせてくれます。
冷え性の予防や肩こりの予防、はげ・白髪を防ぐ効果があるといわれています。
以上のような働きから、ビタミンEは老化防止の作用があるといわれていますが、どの程度有効かは定かではありません。
最後にビタミンEは善玉のHDLコレステロールを増加させ、悪玉のLDLコレステロールを減少させ、成人病を防ぐといわれています。
ビタミンEの一日必要量はαートコフェロールとして、大人の男性で8mg、女性で7mgとされています。
特別、偏った食事をしていない限り不足することはありません。
日頃から大豆やごま等を積極的に摂るように心がけて下さい。
更に成人病を少しでも予防したい、血管のサ ビを除いたり、冷え性・肩こりを改善したい方は、天然のビタミンEの医薬品を飲まれることもお薦めです。


さくいん

タケハラ薬局へのご質問・お問合せ