タケハラ薬局は、安心・納得・元気を与える薬局。介護用品も充実。

北九州戸畑区南鳥旗町3−6 TEL:093(871)8525

皮膚病の薬について

〓 皮膚病の薬について 〓


 皮膚病の外用薬は主に@かゆみや炎症、痛みに使う薬A皮膚の感染症に使う薬Bその他の薬に分けられます。

@ かゆみや炎症、痛みに使う外用薬:副腎皮質ホルモン(ステロイド)含有の薬と副腎皮質ホルモンを含有していない薬(非ステロイド性消炎鎮痛剤)それに抗ヒスタミン剤にわけられます。
副腎皮質ホルモン(ステロイド)含有の薬は皮膚の炎症を抑える作用のとても強い薬です。
その中でも作用の強さに応じて「最も強い薬」「次に強い薬」「強い薬」「普通の薬」「弱い薬」にランクづけされています。
ここで医療用の商品名を強さの順にあげます。
「最も強い薬」 デルモベート、ダイアコート
「次に強い薬」 トプシム、マイザー、ネリゾナ、パンデル
「強い薬」  リンデロン、フルコート
「普通の薬」 リドメックス、キンダベート、アルメタ
「弱い薬」 オイラックスH、テラコートリル
(この中には、抗生物質やかゆみ止めが配合されているものがあります。)

作用の強いステロイド剤は上手に使用すればとても良い薬ですが、使い方しだいでは副作用がでやすい薬にもなります。
良く効くからといって多量に連用すると、とりかえしのつかない副作用(毛細血管が収縮し皮膚がうすくなり血管が浮き出てくるなどの)も生じてきます。
女性の方で、化粧の下地に使用すると化粧ののりがよくなるということで使用した経験のある方もいるでしょう。
特に顔は副作用が出やすいところですので気をつけてください。
高齢者では皮膚が薄いため「次に強い薬」以上の薬は避けた方が宜しいでしょう。
乳幼児ではできるだけやわらかな作用の薬を使用します。
非ステロイド性消炎鎮痛剤としての医療用の薬には、ベシカム、コンベック、ジルダザックなどの外用剤があります。
ステロイドに比較し作用はやわらかく連用されても特に皮膚の弱い方以外は、ほとんど副作用の生じない薬です。
日常的にはこういった薬を使用し、症状のひどい時にステロイド剤を使用する場合や激しい症状をとりあえず抑えて、ある程度症状が抑えられればこの主の薬を使うといった使い方をする場合があります。
又鎮痛効果もありますので帯状疱疹や皮膚の痛み、にきびなどで使用されたりもしている薬です。
抗ヒスタミン剤としての医療用の薬には、レスタミン、オイラックスなどがあります。
抗炎症作用は少なく痒みを和らげる薬です。
売薬では、医療用の同一成分を利用したスイッチOTCと言われる商品があります。
例えば、ステロイド剤では、リビメックス、セロナなど医療用のリドメックスコーワやロコイドと同一成分の薬です。
ただし、安全面から成分量は医療用の半分にしたものです。
どなたが利用しても安心して使えるように考えられています。
又ステロイドを中心として痒み止めの成分や、かきむしった時にも感染しないように殺菌消毒効果のある成分も含まれた薬も多くあります。
例えば、ムヒSは良く知られた外用剤です。
従来のムヒには抗ヒスタミンと先程の痒みを止める成分と炎症作用のグリチルレチンと殺菌消毒用のメチルフェ−ルが含まれています。
新しいタイプの液体ムヒSには、さらに効果を高くする為にステロイドの成分の酢酸デキサメタゾンと血行を改善するトウキエキスなどが含まれています。
又、ムヒアルファSには液体ムヒSより更に痒みを抑える成分のクロタミトン(医療用のオイラックス)が含まれています。
売薬も症状に併せて選ぶことができるように最近では種類が増えています。
当店では、サトウ製薬のタクトゼリー(軽い虫刺されや湿疹かゆみ)、タクトクリーム(ダニ、ノミ、毒虫による虫刺されやひどい湿疹)などをおすすめしています。



さくいん  

タケハラ薬局へのご質問・お問合せ