タケハラ薬局は、安心・納得・元気を与える薬局。介護用品も充実。

北九州戸畑区南鳥旗町3−6 TEL:093(871)8525

花粉症

〓 花粉症 〓


アレルギー性鼻炎
 早春の頃からお天気がよく風の強い日には花粉がよく飛んでいるようで、花粉症のある方にとってはつらい季節です。
花粉症の症状は人によって様々ですが、クシャミ、鼻水、鼻づまり、眼の痒みなどが主な症状です。
花粉症などのアレルギー性疾患は、主に体質が原因となっている為、長期的には抗原に対する免疫力をつける減感作療法やヒスタグロビン療法が利用されたりしますが、完全に治すことは現在の医学では難しいといえます。
日常的には症状を軽くする予防的治療や症状が出たときに対処する対症療法が利用されています。

アレルギー性鼻炎
 花粉などが原因(アレルゲン)となってくしゃみ、鼻水、鼻づまりなどがおきる場合アレルギー性鼻炎といいます。
花粉以外のアレルギー性鼻炎の原因物質として、家のなかのゴミやホコリ、ダニ、かび、ペットのふけや毛などが原因(通年性)でおこるハウスダストや大気汚染物質などがあります。
特に花粉症(季節性)は季節によりスギ、ヒノキ、オオアワガエリ、カモガヤ、ブタクサ、ヨモギなどの花粉が原因で10歳台後半から30歳代の発病が多くなっています。
花粉症は花粉をアレルゲンとして吸入し、体の中に抗体がある程度までたまらないと生じません。
人によって花粉の吸い込む量、生活環境、体質が異なりますから発症の程度は異なってきます。


治療法
予防的治療・・・アレルゲンとなるものとの接触をさける。
(実際には不可能に近い。)
予防的な薬・・・抗アレルギー剤の使用。
症状を軽くしますが治すものではありません。
対症療法・・ 抗ヒスタミン剤、ステロイド剤。
症状をその場限りでおさえるもの。
殆どがこれに相当します。
減感作療法・・・ 免疫力を強くする療法。
(時間がかかり、症状の重い方が対象。)
ヒスタグロビン療法・・・ 詳しい作用は不明ですが、減感作療法と同様免疫力を強くする。
(効果は完全ではない。)
その他漢方薬による治療、食事療法がありますが高脂肪、高蛋白を避け、バランスの良い食事、特に緑黄色野菜を充分にとることが体質を変えたり更にはガンに対する抵抗力をつけたりすることが判っていますので日常の食生活に充分気をつけて下さい。

日常、気をつけること
・外出時メガネとマスクの着用。
・帰宅時花粉を払い落とし、うがいをする。
・風の強い日には、窓を開けない。
・規則正しい生活、充分な睡眠。
・花粉飛散前から適切な治療。

アレルギー性鼻炎に用いられる漢方薬について
 花粉症に似た症状は古くから漢方の医学書「諸病源候論」に記載されていて、治療法についても詳しく書かれています。
さて現在の花粉症は東洋医学的にみて、主に次の五つのタイプに分類されているようです。
    a.水毒型 (お血(フルチ)+水毒を含む)
    b.お血型(血虚を含む)
    c.胸脇苦満+水毒型
    d.寒症型
    e.胃腸虚弱型

 この中でもaの型が割合が多く、漢方薬として一番多く利用されているのが 、小青竜湯(ショウセイリュウトウ)やさしい言葉で申しますと水分の代謝をよくする 漢方薬とお考えください。
発汗させ尿をよく出させて体の中に居座っている病気を退治しようというお薬です 。
葛根湯と同じように太陽病という病気の初期に利用されるお薬です。
小青竜湯という漢方薬は麻黄、桂枝、五味子、乾姜、細辛、半夏、芍薬甘草の八つの生薬から構成されています。
冷え性を改善する温める漢方薬で、内臓に貯まった余分な水分を尿として排出する利尿効果もあります。
また苓桂朮甘湯(リョウケイジュツカントウ)という漢方薬もaの型にもちいられる水の代謝を良くする薬です。
めまいやふらつきのあるときに利用されています。
bのお血症のとき(東洋医学で血液の流れの悪い状態のこと)には、当帰芍薬散 (トウキシャクヤクサン)がもちいられます。
この漢方薬は安産の薬といわれるほど、ご婦人方にお馴染みのお薬です。
便秘勝ちでのぼせ気味しかも手足が冷えるお方には、同じように血液の流れをよくする桂枝茯苓丸(ケイシブクリョウガン) などが利用されます。
こういった漢方薬は全身症状を正常な状態に導き症状として発現していた花粉症状も同様に改善してゆくわけです。
cの型では胸の上腹部との境(横隔膜の付近)が重苦しい状態、つまり「胸脇苦満(キョウキョウクマン)」といわれる状態で横に沿って肩が凝りやすいタイプの人に柴胡剤といわれる小柴胡湯柴苓湯を小青竜湯 と一緒に服用すると効果的だともいわれています。
dの型では体を温める働きの強い麻黄附子細辛湯、真武湯、四逆散、八味地黄丸が利用されます。
eの型では 六君子湯(リックンシトウ)、 補中益気湯が胃腸を整え体質を改善し花粉症にも効果を発揮します。

比較的多く利用される漢方薬を列挙しました。
体質にあった漢方薬を服用することで花粉症からも楽になることも可能になり 同時に全身症状を改善して行くことが漢方にはできそうです。
最後にお薬は飲み忘れるむことはあっても食事は食べ忘れることはありません。
偏った食事や冷たい飲み物を頻繁に摂られる方は、まず食生活や生活習慣を見直されては如何でしょう。


2003.2.22
さくいん

タケハラ薬局へのご質問・お問合せ