タケハラ薬局は、安心・納得・元気を与える薬局。介護用品も充実。

北九州戸畑区南鳥旗町3−6 TEL:093(871)8525

高コレステロールの方

〓 高コレステロールの方 〓


 コレステロールは、おもに肝臓で作られ、細胞を構成する成分と して使用されます。
生体にとって大切な要素ですが、あまりコレステロ ールが多すぎると動脈硬化の原因になり、心臓や脳に障害をおこします。
コレステロールのなかでも、コレステロール分を多く含んで比重の小さい悪玉コレステロールと言われているLDLが血液中に多いほど動脈の粥状硬化は進展します。
逆に蛋白質が多く、比重が大きい善玉コレステロールと言われるHDLが血液中に多いほど粥状硬化が抑えられます。
脂質の検査項目ではコレステロール(HDL、LDL)のほかに、中性 脂肪(TG:トリグリセライド)、リン脂質(PL)、リポ蛋白、遊離脂肪酸( FFA)があります。とくに中性脂肪(TG)は、食品から糖質として摂取 し、体内で脂肪に変わる物質です。
脂肪分のなかでは食品中もっとも 多く、コレステロールの約200倍も存在します。
血清の脂質が増えると、動脈硬化(血液の流れが悪くなり、血管自体が脆くなる状態)が促進されます。
心臓病や脳梗塞などの病気の引き金となると言われています。
薬を服用する前に、まず考えなければならないのは食事療法と運動療法だと言えます。
薬を服用することでコレステロールや中性脂肪をたとえ下げたとしても、食生活を含む生活習慣 を改善しないと薬を服用する意味がなくなってしまいます。
食事療法や運動療法を行なってもなおかつ血清脂質(コレステロールや中性脂肪)が高い値を示す時には薬物療法が行なわれます。
薬物療法の判断は医師が行ないますが、血清コレステロール値220(ミリグラム/デシリットル)以上が治療対象となるといわれています。
高脂血症にはいろいろなタイプがあ ります。
従ってそれに合わせて治療薬が選択されることになります。
日本人の食生活の欧米化(高脂肪、高カロリーの食生活)や車社会の到来と共に 糖尿病や高脂血症などいわゆる成人病と呼ばれるものが増えてきていると言われています。
高コレステロール血症は、ほとんど自覚症状がなく健康診断を受けて初めてわかることが多いようです。
コレステロールは、肝臓や脳をはじめとする多くの組織に存在しています。
細胞膜の形成やホルモン、胆汁酸などの合成に重要な役割を果しているのがこのコレステロールです。
血液中のコレステロールが過剰になると血管の内側に蓄積し、血管が狭くなり血液の流れ(血流)が阻げられたり血管が詰まってしまい血流が止まってしまうこともあります。
過剰なコレステロールはこういった動脈硬化を促進する危険因子となります。 血液中でコレステロールは、水に溶けやすいようにタンパク質と結合してリポタンパク(脂質とタンパク質が結びついたもの)という粒子で存在しています。比重(重さ)に応じて4つに分類され、4種類のリポタンパク中に含まれるコレステロールを合わせて総コレステロールと呼ばれています。
動脈硬化の原因となるコレステロールを運ぶものが、LDLといわれるコレステロールで"悪玉"コレステロールと言われ、それに反してHLDと言われるコレステロールは"善玉"コレステロールと言われ、末梢組織にたまった余分なコレステロールを肝臓に戻す働きがあり、動脈硬化を予防する作用があると言われています。
従って、悪玉コレステロールが高く、善玉コレステロールが低い人は動脈硬化による脳卒中や心筋梗塞になりやすいと言えます。
近年、「動脈硬化指数」という指標が使われています。
参考までにこの指標は下の式で表されます。

「動脈硬化指数」=(総コレステロール−HDLコレステロール)/HDLコレステロール

この指数が3.0以下を正常値とするそうです。
詳しくは近くの医療機関で血液の検査をしていただき、この指標を参考にされると宜しいでしょう。


日頃から、日常生活で注意しなくてはいけない事
・動物性の脂肪を控える。
・スナック菓子や揚げ菓子は控えめ。
・過剰なアルコールの摂取と喫煙を控える。
・α−リノレン酸が豊富なホウレン草や白菜などの野菜を多く食べる。
・ドレッシング・マヨネーズはなるべく控え、レモンの汁やポン酢などにする。
・過労や精神的ストレスを避ける。
・適度な運動をする。
(ジョギングや ウォーキングなど無理なく長時間できる運動が効果的です。)
コレステロールの多いメニュー
オムレツ カレーライス サンドイッチ 焼き飯 やきそば スパゲティー
目玉焼き ハンバーグ ギョーザ クリームスープ チョコレート 生クリーム
☆ イカ・えび・貝類などはコレステロールが多いと言われていますがタウリンというアミノ酸の一種が含まれているため血液中のコレステロールの濃度を低く抑える働きを持っています。


2003.3.8
さくいん

タケハラ薬局へのご質問・お問合せ