タケハラ薬局は、安心・納得・元気を与える薬局。介護用品も充実。

北九州戸畑区南鳥旗町3−6 TEL:093(871)8525

 薬の飲み合わせについて

〓 薬の飲み合わせについて 〓


薬の飲み合わせ(重複投与)で一番多いケースは、胃薬と鎮痛剤ではないでしょうか。
手許に詳しい調査資料がありませんので正確には申し上げられませんが、日頃仕事をしていて、お客様との会話やご相談の中てよく気づくことです。
当店で処方箋調剤と一般薬を取り扱っていて、気にかかることについてお話致します。
まず先に申し上げた胃薬については、お医者様から胃薬(胃炎、潰瘍)をもらい、更に胃が痛むからといって、スクラルファート製剤(中外胃腸薬・イノセア)や銅クロロフィリンナトリウムやカリウム・ロートエキス散の配合された薬を求めている方がいます。
薬局では、医療機関でその方に胃薬などが処方されていることがわかっていれば、一般の胃薬を求めても、病院のお薬を服用しているので必要ありませんと申し上げることが多いのですが、ここで問題なのがその方が薬局に何も情報を提供なさらない時です。(病院のお薬を服用していることを言わない。)
こんな時が、いちばん困ってしまいます。
また、内科と整形外科など複数の医療機関を受診され、それぞれの医療機関から胃薬が処方されていることもあります。
処方箋を受け付けた薬局が同一であれば重複のチェックができやすいのですが、別々の薬局の場合は、よほど薬局側か゛情報収集をマメにしておかない限り患者さんからの情報がない時は非常に重複のチェックが難しくなります。
ただ近頃は積極的に医療機関から「現在、他にどんな薬を服用していますか?」といった問いかけをすることが多くなり随分改善されてきました。
鎮痛剤については、特に女性の方でこういったお薬をご利用の方が非常に多いようです。
頭痛や生理痛が激しいということで、ナロンエース、バファリン、ノーシン、後藤散などをお求めになります。
ここでも気をつけていただきたいのは、外科、整形で鎮痛剤(痛み止め)、その上、一般の鎮痛剤を服用される方が少なからずいます。
胃には自信がある方なら短期間で、特別強い薬でなければ心配ないかもしれませんが、普通の方では胃が荒れ胃に炎症を起こしてしまうことには間違いありません。
ましてや、過去に胃炎や潰瘍を起こしたことのある方の場合、決して両方服用してはいけません。
食べ物とお薬との飲み合わせも気をつけなくてはならない場合もあります。
例を一つだけご紹介致します。



ワーファリンと納豆との組み合わせには要注意

 ワーファリンという薬は血液の凝固を妨げる作用があります。
静脈血栓や心臓の人工弁置換術後の方に医師から処方されることのある薬です。
ワーファリンは血を固まらせるのに必要な ビタミンKの働きを抑えることで効果を発揮します。
さて、納豆の中に含まれる納豆菌はビタミンKを合成する力が強く、納豆にはビタミンKがたっぷり含まれています。
従ってワーファリンを服用している方が毎日のように納豆を食べると ワーファリンの抗凝固作用が弱くなってしまいます。
医療機関でワーファリンを服用している方は「納豆」には充分気をつけて下さい。
下に薬の種類と意外に生じやすい副作用の表をのせておきました。
薬は急性疾患であっても慢性疾患であっても大切なものです。
人体に有用な面がたくさんあります。
副作用だけにとらわれず上手につきあっていくことが大切です。


主な薬の副作用

主な副作用
鎮痛剤
胃腸薬
精神安定剤
抗ヒスタミン剤
強心剤
利尿剤
抗生物質
胃腸障害、腎障害、アレルギーなど
眠気、のどの渇きなど
ふらつき、めまい、妄想など
眠気,頭痛、発疹など
胃腸障害、不整脈、視力障害
脱水症状、疲労感、起立性低血圧など
胃腸障害、腎障害、アレルギー、難聴など



さくいん
 

タケハラ薬局へのご質問・お問合せ