タケハラ薬局は、安心・納得・元気を与える薬局。介護用品も充実。

北九州戸畑区南鳥旗町3−6 TEL:093(871)8525

や せ る

や せ る
花咲き花は散り、緑が濃くなってくると、服装も薄着となり、痩せた方もふっくら型の方も気になる季節です。
太めの方にとっては、昨年利用した服に余裕がなくなり、なんとなく着ていて暑苦しい思いをしたり、体が重いと感じたりしていることでしょう。

脂肪はなぜたまる?
 肥満を引き起こす原因となるのは過食、運動不足、便秘などが大半を占めていますが、多少食欲が旺盛でも 体を動かす量が多ければ(代謝が盛んであれば)肥満にはなりません。
また、栄養を全身に代謝していく働きが悪いと コレステロールや中性脂肪などが蓄積し肥満につながります。

肥満になると成人病にかかりやすい。 
 肥満の人全てが成人病にかかりやすいというわけではありません。
肥満の方はそうでない方と比較して糖尿病や高血圧症などの成人病に罹りやすいといわれています。
従って肥満は成人病の危険因子(リスクファクター)の一つと考えられるわけです。
肥満のタイプには皮膚の下に脂肪がつく皮下脂肪型肥満と、おなかの中の内臓(腸についている膜)に脂肪がつく内臓脂肪型肥満とがあります。
内臓脂肪が増加すると遊離脂肪酸が通常より多く肝臓にながれて肝臓の代謝が悪くなり糖尿病や高血圧症、高脂血症をおこしやすくなります。
これらの病気はいづれも動脈硬化との関係が深く、脳卒中、狭心症、心筋梗塞などを引き起こす恐れがあります。
体内に存在する脂肪の一つで主にエネルギー源として消費されます。
消費されなかった遊離脂肪酸は皮下脂肪や内臓脂肪として体内に蓄積されます。

食事療法と運動療法で効果的に減量する。
 ダイエットの基本的な考え方は、体に入ってくるエネルギーと出ていくエネルギー(消費される)のバランスを後者の方、即ち出て行くエネルギーの方のバランスを高めてやればよいことなので効果的なのは、入ってくる食事を少し制限し運動で出て行く方を少し多くしてやれば、効果が倍増するわけです。

食事療法
・食事の量全体を低エネルギーにする。
・特に甘いものは控える。
・早食い、夜食、間食は避け、なるべく時間をかけ、ゆっくりとバランスのとれた食事をする。
・三度の食事(朝ぬきは避け)を心がける。
・アルコールは控え目にする。

運動療法 
 一日1万歩を目標にして、汗ばむ程度に毎日歩くとよいでしょう。
中々時間がとれないときは、エレベーターを使わず階段を利用するなどして 最低7,000歩は歩くように努めましょう。

減量の目安
 急激な減量は健康を害しますので、月に1kgから2kg程度の減量を目標に根気強くすると良いでしょう。
無理な減量をすると体調をこわしたり、ダイエットの反動で逆に過食に走ったりしやすくなります。
最後にダイエットの最高の治療薬はあなたの忍耐と根気です。
健康食品のチラシに惑わされずに普段の生活の中でダイエットするのが一番無理のない方法だといえます。
今日から実行すれば一週間で1kgの減量はすぐ可能です。




さくいん

タケハラ薬局へのご質問・お問合せ